with(ウィズ)の本人確認はごまかしNG!本人確認の仕組みや安全性をどこよりも詳しく解説します!

With 本人確認 安全性

with(ウィズ)を始めたいんだけど、免許証とか提出しないといけないって聞いて。これって結構勇気いるよね~(汗)

個人情報だし、流出したらやだよね!!ほんとに安全なのかな?
本人確認は今や常識!!本人確認をしっかりしているアプリの方が、安全性が高いんですよ!

と言っても、実際のところ本人確認で二の足を踏む方は多いのではないでしょうか。
運営会社が悪用しないか、流出しないか、本当に必要なのか・・・ちょっと気になりますよね。

そこで今回は、with(ウィズ)で本人確認が必要な理由や、手続き方法、個人情報の取り扱いに関する安全性などをどこよりも詳しく解説しちゃいます♪

私はこの記事を読んで、with(ウィズ)の信頼度が上がったわ♡

↓ とりあえずwithをDLしてみる ↓

>>Withを30秒でインストール!<<<

With
無料インストールはコチラ

結局、人気のあるマッチングアプリはどれ?

人気ランキングでは、1位の『Pairs(ペアーズ)』と、2位の『マッチドットコム』が3位以下を大きく引き離した2トップでした。

 

特に『Pairs(ペアーズ)』は

  • 累計1000万人以上が会員登録しておりマッチングしやすさNo.1
  • 24時間365日の監視で安心して使える。
  • 女性無料、男性も他のアプリより格安で使える。
  • 9万以上のコミュニティから自分に会うコミュニティを選べる!

などの理由で今、もっとも多くの男女に支持されているアプリです

ペアーズ Pairs 

>>Pairs(ペアーズ)を
30秒で無料インストール!<<<

Pairs(ペアーズ)
無料インストールはコチラ

with(ウィズ)で本人確認が必要なのはなぜ?

ここでは、まず

本人確認なんてめんどくさいよね!個人情報を送るのも不安だし・・・。
という方の為に、

with(ウィズ)で異性と出会うにはなぜ本人確認が必要なのか?

という疑問にお答えします!

18歳未満の使用は法律で禁止されている

1つ目の答えは、

アプリを運営する企業が法律を守るため

です。

みなさんは、18歳未満の子どもがマッチングアプリを使うのは法律で禁止されているって知ってましたか?

その法律は、「出会い系サイト規制法」といいます。
この法律は、18歳未満の少年少女を児童買春やその他の犯罪から保護する目的で設定された法律です。

簡単に言えば

POINT!

18歳未満の子どもは、インターネットを通じて異性と交際してはダメ!!

という法律で、この法律の中で「利用者が18歳未満ではない」ことの届出と確認が運営会社に義務付けられているのです。

つまり、年齢確認ができる書類を提出することは法律上必要なことなんです!

本人確認でなりすましを防止!

with(ウィズ)でなぜ本人確認を行うのか?に対する2つ目の答えは、

ユーザ―がwith(ウィズ)を安全に使えるようにするため

です。

実はひと昔前までは、ほとんどのマッチングアプリが18歳以上であることを確認する「年齢確認」を行っていました。

ん・・?年齢確認と本人確認って何が違うの?
その違いを簡単に説明すると、

年齢確認と本人確認の違い
  • 年齢確認=18歳以上であることのみを確認すること
  • 本人確認=年齢以外にも、利用者と証明書の人物が同一であることを確認すること

です。

年齢確認のみを行っていたころは、with(ウィズ)でも

  • クレジットカードを証明書として提出
  • 証明書の一部を塗りつぶして提出

という方法でも審査に通っていました。

その結果、何が起こったかというと、

POINT!

他人に成りすます業者や悪質ユーザーが急増した!

確かに以前は、恋活・婚活目的じゃないユーザーが今より多かったよね~!

ちょっとかわいいと思うと、すぐ勧誘されてたよね!ww
マッチングアプリでの出会いでは、このようなトラブルの噂が命取りに。
この状況を脱するために、多くのマッチングアプリが年齢確認から本人確認に切り替えたというわけです。

本人確認することで、遊び目的のユーザーが減った気がするわ!

本人確認をすることで、しっかりと活動するユーザーが増えたようです。

運営側に身元が完全に割れてしまうため、下手なことはできないという抑止力にもなっているんですね。

with(ウィズ)で本人確認をする方法をご紹介!

それでは早速、with(ウィズ)で本人確認をする方法をご紹介していきますよ!

with(ウィズ)で本人確認に使用できる書類とは?

with(ウィズ)の本人確認で使用できる書類は、次の通りです。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード(通知カードは不可)
  • パスポート
  • 住民基本台帳
  • その他公的書類(年金手帳・障碍者手帳など)

学生証やクレジットカードは使えませんので要注意ですよ!

この中で、一番おススメなのは健康保険証です。
理由としては、

  • 誰でも持っている
  • 手元にあって用意しやすい
  • 顔写真が載っていない

ためです。
顔写真になんとなく抵抗のある方は、健康保険証の提出をオススメします!

with(ウィズ)の本人確認手順

with(ウィズ)の本人確認の手順はとっても簡単です。

STEP.1
「マイページ」を開く
STEP.2
「会員ステータス」を開く
STEP.3
男性:「有料プラン一覧へ」をタップし有料会員登録をする
女性:「現在の会員ステータス」下方の「本人確認する」をタップ
STEP.4
提出する確認書類を選択
STEP.5
書類の写真をアップロードする
STEP.6
審査完了

審査は、だいたい1時間ほどで終わりますよ♪

24時間以上たっても連絡が来ない場合は、with(ウィズ)のカスタマーサポートに連絡しましょう!

with(ウィズ)で本人確認の審査が通らない!NG写真とは?

with(ウィズ)で本人確認を行う場合は、

POINT!

書類全体がしっかりと写った写真を送ることが必須!!

です。


このように、枠線の中に書類が全部入るように写しましょう!

ちなみに、NG写真の例がコチラ。

  1. 写真の一部を塗りつぶしたもの
  2. ぼやけて不鮮明なもの
  3. 写真の一部を指や紙などで隠しているもの

その他に、故意ではなくても明かりなどが反射して一部が見えなくなっていても審査は通りませんので、送る前に確認しましょう!

証明書の有効期限もしっかり確認してね!
注意
一部のネット記事では、塗りつぶしOKという内容も見かけますが、それは昔の話です。現在は全体が鮮明に映った書類が必須です。

with(ウィズ)では1件ずつ目視でしっかりチェック!

with(ウィズ)では、提出された書類は1件ずつ目視でチェックされています。

なので、NG写真を送ってしまったり、プロフィールの登録内容と確認書類の内容が一致しない場合などは審査に通りません。
ごまかしNGなのが、with(ウィズ)が安全なマッチングアプリである証拠なのです。

何度も審査に落ちる場合は、with(ウィズ)に問い合わせてみましょう!

公式ページから、メールでお問い合わせできるから楽ちんだよね♪

with(ウィズ)の本人確認は安全?セキュリティはどうなっているの?

with(ウィズ)で本人確認をするときに、

個人情報は漏れたりしない?セキュリティは大丈夫?
と心配する方も多いでしょう。
ここでは、with(ウィズ)の個人情報保護セキュリティについて詳しく解説していきます!

with(ウィズ)の運営会社は上場企業のグループ会社で安心!

with(ウィズ)の運営会社は、東証マザーズ上場企業の「株式会社イグニス」のグループ会社です。
会社名を聞いてもピンと来る人は少ないかもしれませんが、株式会社イグニスはスマホアプリの開発・運営などを行っている会社です。

上場するためには一定の審査があり、上場できる=信頼性の高い会社だと言えますよ♪

上場企業が親会社なだけで、with(ウィズ)の運営会社も一定の信頼度がある会社だと言えます。
「インターネット異性紹介事業」の届出はもちろん提出済みです!

JAPHIC認定で安心!

with(ウィズ)で本人確認を進めていくと、画面にこんなマークが出てきますよね。

このマークは、JAPHICマークと言います。

JAPHICマーク制度とは

「個人情報の保護に関する法律」に準拠して、個人情報が保護措置を講ずる体制を整備し運用している事業者として認定されていることを示す制度

簡単に言うと、このマークがあるということは

POINT!

きちんとした第三者機関から個人情報の取り扱いについて認定されている!

ということです。

第三者機関が審査しているなら、運営会社が好き勝手にはできないから安心だよね!
なのでwith(ウィズ)に個人情報を送っても悪用されたり流出するリスクは低いと考えて問題ありません。

with(ウィズ)で本人確認しないとどうなる?

with(ウィズ)で本人確認をしないと、ズバリ

POINT!

異性と出会うことはできません!

なぜなら、本人確認をしないと

  • 男性は有料会員になれない
  • 女性は男性とメッセージのやり取りができない

ためです。
男性はメッセージのやり取りをするためには有料会員になる必要がありますので、男女ともにメッセージのやり取りができない=異性と出会えないということになります。

MEMO
女性は、本人確認さえすれば無料でwith(ウィズ)を利用することができます。

with(ウィズ)以外のマッチングアプリの本人確認はどうなっているの?

大手マッチングアプリは「本人確認」が主流!

「年齢確認」だけではなく「本人確認」を行っているマッチングアプリはwith(ウィズ)だけではありません。
Pairs(ペアーズ)、Omiai(オミアイ)、タップル誕生などのメジャーなマッチングアプリはどれも本人確認を徹底しています。

イマドキ、本人確認は常識になりつつあるよね!

どのアプリも、安全に使えることを重視してきているんですね♪

↓ タップル誕生に興味がある方はコチラ! ↓

>>>タップルを30秒でインストール!<<<

タップル
インストール(無料)はコチラ

「本人確認」が任意のマッチングアプリは【イヴイヴ】

イヴイヴ基本データ
  • 会員数:約80万人
  • 完全審査制
  • メインの年齢層:20代前半と年齢層低め
  • 男女比:2:1
  • 料金:男性3,600円~(月定額制)、女性無料


イヴイヴでは、異性とメッセージのやり取りをするときに「年齢確認」は必須ですが、「本人確認」は任意となっています。

ユーザーが選択できるんだよね!
本人確認をする場合は、顔写真付きの公的身分証明書とプロフィールの写真の照合が目視で行われていますよ!

本人確認を行うと、プロフィールに「本人確認済み」と表示され信用度がUPし、マッチング率が2倍になると言われています。

私も絶対「本人確認済み」の人とマッチングしたいわ!

↓ とりあえずイヴイヴをDLしてみる ↓

>>>イヴイヴを30秒でインストール!<<<

イヴイヴ
インストール(無料)はコチラ

独身や年収も保障してくれるアプリは【Pairs engage(ペアーズエンゲージ)】

Pairs engage基本データ
  • 会員数:非公開
  • Pairs(ペアーズ)と同じ会社が運営
  • メインの年齢層:30代
  • 男女比:非公開
  • 料金:男性女性共に9,800円(月定額制)

Pairs engage(ペアーズエンゲージ)では、なんと「本人確認」以外にも「独身証明書」と「年収証明書」の提出が必須で、ユーザーの身元をさらにしっかり保証しているマッチングアプリです。
料金は男女ともに高めですが、自分専用の結婚コンシェルジュが付き、婚活に特化したマッチングアプリになっています。

結婚相談所みたいで魅力的だわ♡

まだ出来たばかりのマッチングアプリですが、国内最大級のPairs(ペアーズ)と同じ運営会社で、注目度が高いマッチングアプリになっています。

年齢確認しなくてよいアプリは【Tinder(ティンダー)】

Tinder基本データ
  • 会員数:非公開
  • 年齢確認不要
  • メインの年齢層:20代
  • 男女比:非公開
  • 料金:無料

Tinder(ティンダー)は、年齢確認をしないで利用できるマッチングアプリです。
年齢確認が無くて一見便利のようにも思えますが、年齢確認がないということは、

  • 18歳未満と出会えてしまう
  • 業者やなりすましが多い
  • そもそも国が認定していない

などのリスクがあるため、トラブルが多いアプリと言えます。

18歳以下の子どもとの交際は、大人の方が逮捕されちゃうから危険だよ~!

まとめ

今回は、with(ウィズ)の本人確認の仕組みや安全性、その他のマッチングアプリの本人確認事情について解説してきました。

  • 「年齢確認」は国の法律により必須
  • 「本人確認」はアプリを安全に使用するために必要
  • 「本人確認」のために送る書類はごまかし・加工はNG
  • with(ウィズ)は個人情報を適切に保護・運用している
  • 大手マッチングアプリは「本人確認」が常識
  • 「本人確認」があるマッチングアプリの方が安全性は高い

これで、個人情報を送ることをためらっていた方も、安心して登録できるのではないでしょうか。
with(ウィズ)でステキな出会いをゲットするための第一歩を踏み出してみましょう♪

↓ とりあえずwithをDLしてみる ↓

>>Withを30秒でインストール!<<<

無料インストールはコチラ

執筆者
株式会社incal。
東京都のインターネットメディア企業。
社名の由来は音符記号の「incalCando (だんだん強く、だんだん速く)」。 だんだん強く成長し、ユーザーに最大限の価値提供をする企業を目指している。
過去にスマホゲームアプリやLINEスタンプを制作してきた経験を活かして、スマホアプリ紹介サービス「アプリーグ」を立ち上げ。 「素敵なアプリとの出会いは人生を変える」をテーマにコンテンツを発信している。
過去にはエンターテイメントメディアを運営し株式会社メディアーノに事業譲渡。
関連会社でのメディア運営実績として しごとメディア(転職情報)マネーR (カードローン比較/ FX比較) ネットR (WiMAX比較/ 格安SIM比較) などがある。